林研究室



REAS
リアルタイム評価支援
システム

コミュニケーションのための
デジタルWeb教材

林授業コンテンツ

2006年度 山口大学共通教育
教育学

<授業の様子>

2005年度 山口大学共通教育
教育学

授業概要:
  1. 授業でのコミュニケーションについて
  2. 教育メディアの意義と役割
  3. 教育メディアを利用した授業事例
  4. 集団学習と個を大切にした授業形態
  5. 情報活用能力の3つの柱
  6. 外国の教育事情について
  7. これからの学校教育
授業目標:  授業での教員と学習者間でのコミュニケーションについて学習します。また授業で利用するプリント教材、 黒板からパソコンやインターネットなどの教育メディア利用の意義や役割を学習します。 また、これからの社会を生きる力として大切である情報活用能力について学習します。
授業形態:  講義は、テキスト、配布資料、ビデオ、コンピュータなどを利用して行います。 教官からの一方向の講義で終わらないように、課題の発表や意見を重視した講義をめざします。
評価方法: ・課題小レポート 20点
・小テスト 20点
・Web学習 10点
・期末テスト  50点
テキスト: 『情報教育の理論と実践』、実教出版、1,800円
オリエンテーション時に販売します。