林研究室



REAS
リアルタイム評価支援
システム

コミュニケーションのための
デジタルWeb教材

林授業コンテンツ

2006年度 山口大学教育学部
情報教職科目 集中「情報職業論」

開講日: 7月31日(月)、8月1日(火)、2日(水)、3日(木) 計4日 30時間
教室: 山口大学教育学部附属教育実践総合センター 2F
講師: 井上 史子
(山口市立川西中学校教諭、山口大学教育学部附属教育実践総合センター共同研究員)
授業の概要:
 ねらい
 これからの情報社会に生きる社会人として必要な知識と技能を習得します。
 目標は以下の通りです。
  1. 情報活用能力の意義について知り、実践できる。
  2. コミュニケーション能力について学び、改善できる。
  3. 情報倫理(マナー・個人情報保護)について学び、生活に応用できる。
  4. 情報を巡る問題について、論理的・多角的に分析し解決するスキルを身につける。
  5. 自己の考えを的確な方法を用いてプレゼンテーションできる。
評価: ・課題レポート(2件)   50点
・授業参加(態度・意欲)   20点
・プレゼンテーション(授業中の表現・伝達、相互評価)   20点
・授業での教材作成(技能)   10点

(注)グループ演習を行うため、「問題解決演習」および「プレゼンテーション演習」を欠席した場合は不可とします。
その他: 2・3日目はノートパソコンがグループに1〜2台必要です。
授業日程:
日時 午 前 午 後
7/31 開始時間:午前9時
◇オリエンテーション
◇情報活用能力
◇コミュニケーション能力
◇問題解決演習(1)
 ・課題解決訓練用手法について
 ・グループ編成等
8/1 ◇問題解決演習(2)
 ・グループ討議等
◇問題解決演習(3)
 ・教材作成等
8/2 ◇プレゼンテーション演習
 ・グループ発表および相互評価
◇デジタル・アーキビストの資格と養成
8/3 ◇課題作成
 ※課題については当日連絡します。

2005年度 山口大学教育学部
情報教職科目 集中「情報職業論」

開講日: 8月22日(月)〜25日(木) 9:00〜17:30  計4日 30時間
教室: 教育実践総合センター2F
講師: 北川 敬一 (大阪府立牧野高校/教頭)
テキスト: 『情報教育の理論と実践』、実教出版、1,700円
※当日教室で販売します。

2004年度 山口大学教育学部
情報教職科目 集中「情報職業論」

開講日: 9月23日(木)、24日(金)、25日(土) 計3日 30時
講師: 9/23 林徳治(山口大学教育学部)
9/24 北川敬一(大阪府立牧野高校教頭)...情報モラル他
9/25 宮本義弘(国際協力機構:JICA)...国際協力他
授業の概要
ねらい:
これからの情報社会人として必要な知識を習得します。目標は以下の通りです。
  1. 情報とデータの意味を説明できる。
  2. 情報活用能力の意義を学び実践できる。
  3. コミュニケーション能力について学び改善できる。
  4. IT社会の光と影を学び生活に応用できる。
  5. 情報倫理について学び生活に応用できる。
  6. 企業で求められる人間について学び学修を見直すことができる。
  7. 国際協力と国際理解教育を学び国際人としての意識を持つことができる。
テキスト: 『新・情報社会人のすすめ』、ぎょうせい、3,000円  ※当日販売します。
評価: ・課題レポートまたは試験(知識理解) 50点
・授業参加(態度、意欲) 20点
・プレゼンテーション(授業中の発言など表現・伝達) 20点
・授業での教材作成など作品(技能) 10点
授業日程:
(キーワード)
9/24
 ・情報モラル
 ・個人情報と著作権
 ・情報教育
 ・教員に必要なコミュニケーション能力
9/25
 ・日本の国際協力
 ・国際協力機構(JICA)
 ・中南米への国際協力事例
 ・国際社会に求められる人材
<授業の様子>