林研究室



REAS
リアルタイム評価支援
システム

コミュニケーションのための
デジタルWeb教材

林授業コンテンツ

2011年度 立命館大学
総合演習<G2>(前期/BKC)

授業の概要:  本授業では、人類共通の課題や我が国の社会全体にかかわる課題について、学校での実践への応用可能性を念頭におきながら、 多角的・複眼的に検討する。ディスカッションやフィールドワーク等を含む演習形式の授業を行うことによって、自ら課題を設定し、 解決にむけて積極的、継続的に取り組む姿勢を培い、次世代を担う教員として必要な基礎的資質および実践的能力の修得をめざす。 なお、本授業は、半期セメスターでの2単位授業(15回授業)として実施する。
到達目標:
  1. 教員として必要な基礎的資質を養う。
  2. プレゼンテーションやフィールドワーク、コミュニケーションなどの技術・能力を養う。
  3. 教育や学校に限定されない、幅広い見識を獲得する。
授業計画:
 テーマ
 キーワード
 本授業では、たとえば国際理解、平和に関する課題、人口問題、食糧問題、環境問題、 少子・高齢化社会における社会福祉や人権問題および地域社会や家庭のあり方をめぐる問題、 等々のうちから、いくつかのテーマを取り上げ、文献研究、フィールドワーク、グループ研究、 ディスカッション等を組み入れながら、テーマ理解をいっそう深めていくとともに、教師としての力量を形成していく。 また、これらのテーマについて生徒に教授できる実践的能力の修得をもめざす。
 詳細な授業の流れや実際の授業の方法については、授業内で説明する。
成績評価: 平常点評価: 100%
 出席状況や発表・討論への参加、授業内レポート等を総合的に評価する。
アドバイス:  教職課程におけるゼミナールに相当する科目であり、また教員免許状取得のための必修科目でもあるので、積極的で責任ある参加を求める。

2010年度 立命館大学
総合演習<G2>(前期/BKC)

授業の概要:  本授業では、人類共通の課題や我が国の社会全体にかかわる課題について、学校での実践への応用可能性を念頭におきながら、 多角的・複眼的に検討する。ディスカッションやフィールドワーク等を含む演習形式の授業を行うことによって、自ら課題を設定し、 解決にむけて積極的、継続的に取り組む姿勢を培い、次世代を担う教員として必要な基礎的資質および実践的能力の修得をめざす。 なお、本授業は、半期セメスターでの2単位授業(15回授業)として実施する。
到達目標:
  1. 教員として必要な基礎的資質を養う。
  2. プレゼンテーションやフィールドワーク、コミュニケーションなどの技術・能力を養う。
  3. 教育や学校に限定されない、幅広い見識を獲得する。
授業計画:
 テーマ
 キーワード
 本授業では、たとえば国際理解、平和に関する課題、人口問題、食糧問題、環境問題、 少子・高齢化社会における社会福祉や人権問題および地域社会や家庭のあり方をめぐる問題、 等々のうちから、いくつかのテーマを取り上げ、文献研究、フィールドワーク、グループ研究、 ディスカッション等を組み入れながら、テーマ理解をいっそう深めていくとともに、教師としての力量を形成していく。 また、これらのテーマについて生徒に教授できる実践的能力の修得をもめざす。
 詳細な授業の流れや実際の授業の方法については、授業内で説明する。
成績評価: 平常点評価: 100%
 出席状況や発表・討論への参加、授業内レポート等を総合的に評価する。
アドバイス:  教職課程におけるゼミナールに相当する科目であり、また教員免許状取得のための必修科目でもあるので、積極的で責任ある参加を求める。
<メンバー>

2009年度 立命館大学
総合演習T/総合演習 (後期/衣笠)

<メンバー>            

2009年度 立命館大学
総合演習T/総合演習 (前期/衣笠)

授業の概要:  本授業では、人類共通の課題や我が国の社会全体にかかわる課題について、学校での実践への応用可能性を念頭におきながら、 多角的・複眼的に検討する。ディスカッションやフィールドワーク等を含む演習形式の授業を行うことによって、自ら課題を設定し、 解決にむけて積極的、継続的に取り組む姿勢を培い、次世代を担う教員として必要な基礎的資質および実践的能力の修得をめざす。 なお、本授業は、半期セメスターでの2単位授業(15回授業)として実施する。
到達目標:
  1. 教員として必要な基礎的資質を養う。
  2. プレゼンテーションやフィールドワーク、コミュニケーションなどの技術・能力を養う。
  3. 教育や学校に限定されない、幅広い見識を獲得する。
授業計画:
 テーマ
 キーワード
 本授業では、たとえば国際理解、平和に関する課題、人口問題、食糧問題、環境問題、 少子・高齢化社会における社会福祉や人権問題および地域社会や家庭のあり方をめぐる問題、等々のうちから、 いくつかのテーマを取り上げ、文献研究、フィールドワーク、グループ研究、ディスカッション等を組み入れながら、 テーマ理解をいっそう深めていくとともに、教師としての力量を形成していく。 また、これらのテーマについて生徒に教授できる実践的能力の修得をもめざす。
 詳細な授業の流れや実際の授業の方法については、授業内で説明する。
成績評価: 平常点評価: 100%
 出席状況や発表・討論への参加、授業内レポート等を総合的に評価する。
アドバイス:  教職課程におけるゼミナールに相当する科目であり、また教員免許状取得のための必修科目でもあるので、積極的で責任ある参加を求める。
<メンバー>            
<中間プレゼン>